Loading

wait a moment

結婚式で結婚指輪を交換する流れとは?手際よくに進めるコツもご紹介

結婚式で指輪を交換する時の流れ

一生に一度の思い出となる結婚式において、最も大切な儀式の1つが「結婚指輪の交換」です。みんなが注目している場面で行うケースが多いので緊張すると思いますが、出来るだけ間違いのない手順で進めたいものですよね。結婚式のスタイルは神前式や教会式など複数ありますが、指輪の交換については、ほぼ流れが一緒です。教会式の場合は神父様や牧師様の合図によって、新郎と新婦が向き合います。同時に結婚指輪が運ばれてくるので、新郎側が指輪を手に取ります。間違えても最初に新婦が取らないように、十分に注意しましょう。そして新郎の手によって、新婦の左手薬指に指輪がはめられます。続いて新婦が結婚指輪を手に取り、今度は同様に新郎の指に結婚指輪をはめていきます。お互いにきちんと指輪を身に付けたら、後は神父様の方を向き、結婚指輪交換の儀式が終了となります。

結婚指輪を手際よく交換するコツ

落ち着いて結婚指輪を交換しようと思っていても、いざ教会でゲストの前に立ってみると、緊張して手が震えてしまうものです。このような時は静かに深呼吸をして、まずは気持ちを落ち着かせましょう。そして指輪の交換を手際よく行うためには、相手の手を取る時に、少し高めの位置にするのが良いでしょう。下の方で指輪をはめようとすると、手元が狂ってうまくはまらないケースがあります。このため、おへそよりも少し上の方まで持ち上げて、ゆっくりと落ち着いて指輪をはめましょう。また緊張していると、どうしても表情がこわばってしまうケースも少なくありません。できるだけ意識して、口角を上げるようにすることも大切です。

神戸の結婚式場と言えば、おしゃれな海側のエリア、落ち着いた雰囲気の山側エリアが有名です。好みに合わせたウェディングスタイルが見つかります。