Loading

wait a moment

ピンク&グレーでエレガントな世界に!フレンチ・シャビースタイルのウエディング

気品あふれるマリアージュ

女性なら誰もが憧れるピンクは、ハッピーなウエディングを象徴する色でもあります。ピンクというとスイートなテイストになりすぎやしないか、大人には合わないのではと思われがちですが、スモーキーなピンクのバラをふんだんに使い、さらに落ち着きのあるグレーをプラスすれば、会場全体を幸福感で満たしながらもシックでエレガントな演出にすることができますよ。甘くなりすぎない大人のパーティを演出できるでしょう。

シャビー・シックなアイテムづかい

アプリコットファンデーションなどエレガントなピンクのバラを主役にして、アクセントにはグレーのフェザーや刺しゅう入りのクッションをプラスして、上品な大人の世界を演出していきましょう。カトラリーや花器、キャンドルスタンドはシルバーで統一し、まるで貴族たちの晩餐会のようなエレガントさを出していきます。デコラティブなキャンドルやチュールレース、アールヌーボーのポットを使うとよりエレガントなイメージとなり、色合いをシックにすることで、シャビーさが出せるでしょう。

外しのアイテムで一工夫

天井からはアンティークのフレームを吊るして、テイヤカズラのつるを絡ませるなど、大小フレームをたくさん使って飾り付けていきます。また、一つ一つデザインの異なるフレームをランチョンマットがわりにするなど遊び心のあるディスプレイを楽しみましょう。全体的に晩餐会風のコーディネートになるのに対し、あえて外しのアイテムとして流しテーブルには、試験管を使ったフラワーアレンジメントを置くといいですよ。ゲストテーブルの花はトーンを抑えて、花嫁のテーブルよりも渋めの色をチョイスするといいでしょう。

京都の結婚式場は、オフィシャルサイトに加えてウェディング情報サイトにも多数の情報が掲載されているため、事前の情報収集をスムーズに行えます。