Loading

wait a moment

定番キリスト教式の演出はチャペルの雰囲気に合わせて!

夢のようなウエディングを

結婚式で最も選ばれているのがキリスト教式ですが、式場によりいろいろなチャペルがあるので、さまざまな演出が可能ですよ。たとえば、中世ヨーロッパの大聖堂を彷彿とさせる雰囲気のチャペルは、誰しもが一度は憧れるウエディングシーンです。高い天井に色鮮やかなステンドグラス、まっすぐに続くバージンロードをいかして演出していきましょう。新郎新婦の入場前に両親やゲストへの感謝の気持ちを伝えるチャペルムービーなども素敵です。二人はもちろん、参列者の感動がより高まります。また、大聖堂にぴったりなのが、聖歌隊による迫力のある歌声なのでぜひ取り入れてみましょう。心にしみるようなハーモニーは、セレモニーをより神聖なものにしてくれること間違いなしです。そして、誓いの後に、天使の羽のフェザーを降らせるエンジェルシャワーは、ふわふわとゆっくりと舞い降りてくる様がとてもロマンティックですよ。

ロケーションを生かしながらサプライズ

開放感があり祭壇の向こう側に絶景が広がるようなチャペルは、その土地ならではのロケーションを前に永遠の愛を誓うことができます。オレンジ色に染まるサンセットやライトアップされた夜景、港をバックに幻想的なナイトウエディングもいいでしょう。また、絶景だからこそ、最初は隠しておいてもいいですよね。永遠の愛を誓い、ウエディングキスのタイミングでカーテンをオープンというのもよく、圧巻の眺めはゲストへのサプライズになります。そして、ユニティキャンドルといって、3本立てのキャンドルの両サイドを両家の母が点火します。新郎新婦は自分の母親が点火したキャンドルから火をもらい真ん中のキャンドルに火をともして、家族の統一を表現するのもいいでしょう。

京都の結婚式場は、有名で格式の高い神社と提携し、そこでの挙式が行えるプランを用意した所が多くあります。また、京の町を背景にした前撮りプランを用意する式場もあり、和の雰囲気にこだわる人にはおすすめです。