Loading

wait a moment

単身赴任って結構ストレスたまるよ!!単身赴任の時家族関係はどうやって保つ?

ストレス発散の方法を考える

一人暮らしの人が転勤をしても、ただ職場や住むところが変わるだけです。でも家族がいる人が転勤となると、常に住むところを変えればいいわけではありません。それぞれの家族の判断として、転勤をする人だけが単身赴任をする選択をするときもあります。それまで家族と一緒に暮らしていた人が一人暮らしをするとなると、かなりストレスがたまるようになります。ストレスの怖いところは目に見えず、自分でも気づきにくいところでしょう。ですから単身赴任すると決まったときにストレス発散の方法を考えておきましょう。新しい趣味を持つとか、テレビ電話で家族とコミュニケーションを取るなどがあります。ストレスがたまってからだと退所するのが難しくなるかもしれません。

夫婦関係と親子関係をどう保つか

人と人との関係では、親子関係や兄弟姉妹の関係などがあります。比較的強固なので、多少離れて暮らしても顔を見れば以前のようにコミュニケーションが取れます。では夫婦はどうかです。通常は一旦夫婦になればそれ以降一緒に暮らします。でも単身赴任になると長期間夫婦のコミュニケーションが取れなくなる可能性があります。最初は互いに意識をしながらも、いつの間にか互いにそばにいないのが当たり前と感じてしまうかもしれません。親子関係においては、子供が小さいときに子供の気持ちが離れてしまう可能性があります。夫婦にしても親子にしても気持ちが離れてから修復しようとしても無理があります。単身赴任が決まったときに、関係の保ち方を考えるようにしましょう。

単身赴任の家具は個別に準備するとなると費用も手間もかかり大変です。そこで単身赴任終了後の家具処理も不要な、レンタルをするという方法もあります。