Loading

wait a moment

結婚式の媒酌人・世話人はどんな方にお願いすれば良いの?

媒酌人をお願いするのは

見合い結婚の場合には、仲介者に媒酌人を頼めます。恋愛結婚での媒酌人は、新郎新婦に共通の知人が良いでしょう。職場結婚なら会社の上司、学生時代からの付き合いで結婚するならば恩師などです。二人に共通の知人がいない場合は、新郎か新婦のどちらかがお世話になっている上司や恩師、先輩に頼むと良いでしょう。媒酌人を依頼する方は、肩書などにこだわらず、当人たちのことをよく理解してくれる方が適任です。

司会をお願いするのは

披露宴の進行がスムーズにいくかどうか、宴の雰囲気が盛り上がるかどうかは、司会者の腕次第です。なるべく場慣れして、ユーモアセンス溢れる知人や友人に頼みましょう。結婚式場では、プロの司会者を紹介してくれます。プロですので進行は慣れていますが、当人たちのことをまるきり知らないので、事前に入念な打ち合わせを行うことが必要となります。なお、知人や友人に司会者を頼んだ場合、謝礼として、その方から頂いたお祝いの額と同じ程度の金額をお渡しします。

主賓をお願いするのは

媒酌人のほかに当人たちが、それぞれ特にお世話になった方に主賓をお願いします。主賓には、媒酌人の挨拶の後の祝辞を依頼します。なお、すでに主賓として祝辞を依頼してあっても、式の招待状には依頼書を同封しておくと、失礼に当たりません。

受付係をお願いするのは

受付係は、新郎新婦それぞれの身内や友人など、若い女性に1人ずつ、計2人依頼するのが一般的です。それぞれに新郎側と新婦側の受付を担当してもらえば、招待客が集中しても上手に対応してくれて、混乱が避けられます。なお、受付係は、招待客からのお祝い金を預かることになりますりので、少なくとも男性が1人、ついてもらうようにします。

鶴岡八幡宮で結婚式を挙げるには、観光客からも祝福をいただける開放感のある舞殿式と厳粛な雰囲気の社殿の若宮式のいずれかを選択することができます。